2007年10月03日

SEOの意味とSEM

Search Engine Optimization

日本語訳-検索エンジン最適化

意味-WEBサイトまたはページを検索エンジンに的確に認識させることにより検索上位順位を施す対策
簡単に言えば「ラーメン」(特定のキーワード)を検索エンジンに打ったとき何位に表示されるか?その表示順位を上げるのがSEO対策である。

また歴史的背景からSEOはグーグルロボットへの対策であったため特にyahooの検索エンジンロボット対策をYSOと言ったりする。
Yahoo Search Optimization

Search Engine Marketing

訳-検索エンジンマーケティング

SEOと混同されることあるが、いかにWEBサイトのサービスを顧客に利用してもらうかを考えること。いわゆる検索エンジンより訪れる訪問者のマーケティングだと思ってもらったらいい。
しかしSEOもSEMも混同されて使われていることが多いのでこのサイトでも特に厳密に区別することなく解説していきたい。
posted by SEOの達人 at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | SEOって何?

2007年10月01日

キーワード頻出度チェックツール

サイト内にSEO対策を目的とするキーワードがどれだけの割合で入っているかを調べてくれるツールです。
現在はサイト内最適化よりサイト外最適化が重要だと解説してきていますがもちろんサイト内最適化も無視できません。
それがなければあなたのサイトの内容が分からないわけですし。
ということで一度あなたのサイトのキーワードがどれだけの割合で入っているかを調べてみてください。
目標となるキーワードが一番高い割合であるべきです。

http://www.searchengineoptimization.jp/
tools/keyword_density_analyzer.html
posted by SEOの達人 at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策ツールの紹介

検索エンジン順位一括検索ツール

あなたのサイトがどんなキーワードでどんな順位か気になりませんか?
いちいち検索エンジンにキーワードを打ち込んで確認していく作業はとても面倒です。
そんな方はぜひ下記のツールを使ってみてください。
色んなキーワードに対して一括で順位が分かります。

http://broadentry.com/rankingchecker/
posted by SEOの達人 at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策ツールの紹介

2007年09月30日

プロフィール

ホームページが話題になりだした頃から独学でWEBサイト作成を学び、数十社のWEBマーケティング戦略や検索エンジン最適化を行ってきました。試行錯誤を繰り返し大企業に頼らない個人でできる継続可能なSEO対策術を考案しました。
SEO対策会社にHPの検索ランク上げを依頼するとランクが上がることは確かですしそれで圧倒的に訪問者がアップします。
しかし毎月の高額月額料でとても経費がかかってしまいます。人気キーワードで一位を獲得しようと思うと現状数百万はかかるでしょう!また契約が切れればすぐに順位は下がってしまいます。これはリンク元数を重要視する検索エンジンの審査基準のためです。
私は持続可能で経費削減のできるSEO対策をおススメしております。
というのはオーナーにSEOの仕組みを伝授し理解してもらうことでご自身でできる小さなことはしていただきたいからです。その方法は私どもが伝授いたします。そして共にランクを上げていき喜びを分かち合いたいと考えております。
私どものサービスはコンサルタントとという形態をとっており、月額15,000円〜(関西圏出張サポートあり)という低料金で行っております。
ぜひ一度ご連絡ください。
info@jobj.jp
06-6623-1301 [資)アドマックス 大阪本社]
所在地
□本社:大阪市阿倍野区文の里2-15-8
□支社:大阪市中央区玉造1-4-14
    神奈川県伊勢原市伊勢原1-11-12
posted by SEOの達人 at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | サイト管理者プロフィール

2007年09月23日

SEOの歴史

管理人の主観です。

第@世代
ダイアルアップ/ISDNが主流な頃、検索エンジンが広く使われるようになり、ホームページを持ってることが自慢となった時代。
現在の市場規模とはとてもとても比べ物にならないほど小さかったが便利性からどんどんWEBサイトがつくらだした。
その頃、SEOはまったく脚光を浴びていなかった。
その背景としてyahooが主流で当時はロボット型検索ではなくカテゴリー検索方式であった。
つまりyahooのカテゴリーに登録されていればある程度アクセスがあった。

第A世代
キーワードを拾うロボット型検索が発達し台等する。このころのSEOはサイト内対策でいかにキーワードが多く入っているかや重視であったため。まったく関係のないサイトでも様々なキーワードでヒットさせることが可能であった。

第B世代
第A世代をうけてこれでは検索の信憑性がないということでSEOスパム対策ができてくる。関係のないSEO対策や過剰なSEO対策を阻止するべくそのようなサイトを検索から外る。この頃からサイト内SEO対策ではなくいかに質のいいリンクをもらっているかのサイト外SEO対策が重要視されてきました。現在でもその方針は変わるどころか色濃くなってきています。

第C世代
上記のいかに質のいいリンクをもらっているかが重要視されているのに加え本当に有益なページ内容なのかが吟味されているように思う。
またPCからのWEB回覧だけでなく携帯サイトの需要が急速に高まっている。これはハイスピードフォーマなどのパケット通信高速化(パソコンで言うとISDNからADSLへの変化のようなもの)やパケット定額制・画面の拡大などの技術的革新によって引き起こされている。携帯サイトのSEO対策も重要となってきている。
posted by SEOの達人 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | SEOって何?

キーワードアドバイスツール

どのようなキーワードでSEO対策を実施すればいいのか・・・
と悩むことはないでしょうか?

例えば
大阪で漬物屋のサイトを運営していたとしましょう。
このときもちろん一番のキーワードは「漬物」でしょう。
しかし実際店舗がありそこでの販売促進を目指すなら
「漬物 大阪」
など地域のキーワードも入れてSEO対策するべきでしょう。
また同様に通販を目指すなら
「漬物 通販」「漬物 たくあん」
などでしょう。
しかしあなたの販売目標であるキーワードでSEO対策をしたとしても実際にそのキーワードがあまり検索されていなければ意味はないでしょう。

そこであなたが対策目標とするキーワードが実際どれくらいの数検索されているのか、またそれに関連したキーワードがどのようなものがあるのかを教えてくれるツールがあります。

http://tool.sem-research.jp/keyword-advice/

勉強になるので是非試してみてください。
posted by SEOの達人 at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策ツールの紹介

はじめに

SEOは対策は大きく分けて二種類あります。

@自分のサイトの中身を最適化し検索エンジンにサイトの内容を教える。
賃貸斡旋のサイトを運営しているとしましょう。
検索エンジンのロボットはそのサイトをクローク(巡回)することでサイトとそのサイトがどんな内容なのかを記録してまわります。
そしてそのサイトが「賃貸斡旋」という内容であると判断した場合は、「賃貸斡旋」と検索された際に紹介してくれるのです。
ここで収容となるのはロボットにサイトがどんな内容のものなのかを教えてあげることです。
「賃貸斡旋」のサイトを運営しているのに「分譲紹介」で検索に引っかかっても効果は半減です。
対策@としてはサイトの内容をしっかりとロボットに教えてあげる作業です。
今後この事をサイト内最適化対策ということにします。

A他サイトからハイパーリンクしてもらい、上位に検索されるようにする。
もしあなたがサイトをもっているならば下記の作業をしてみてください。
検索欄に
[ link:http://あなたのサイトURL ]
を打ち込んで検索してみてください。
そうすればあなたのサイトへのリンクしてくれているサイト一覧が出てきます。
検索結果の表示順位は基本的にはこのリンクをもらっている数と質で決まるようになっています。
posted by SEOの達人 at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策 -基本編-