2007年10月03日

サイト内の構造

ここではサイト内SEO対策について記述していきたいと思います。
サイト外SEO対策が重要視されているとたびたび紹介しておりますがそれはあくまできちんとしたサイト内対策を行ったうえでの話です。

以下に重要な要項を挙げてみます。

■サイトはできるだけテキストで記載する。
ロボットは当たり前の話ですが画像の文字は読むことができません。ですから対策したいキーワードはテキストで記載するときっちりロボットが呼んでくれます。
※画像でもalt=属性の中にテキストを打てば読んでくれます。

■ひとつのキーワードに絞るときはできるだけ高い割合でその言葉を使用すること。
全体の言葉の中でキーワードの出現割合を調べてくれるツールもありますので利用ください。

■見出しの活用
<h1>タグの使用。見出しは1から順に重要視されると言われています。しかしh1にすると文字が巨大となりページのデザインが崩れてしまいます。そういった場合は無理には使わないでください。私はあまり重要じゃないと思っています。
絶対してはいけないことは<h1>ですべてを記述することやスタイルシートなどで強制的に文字を小さくするとスパムとみなされることがあります。

■サイトマップやテキストボタンバーをつける。
ロボットがクロールする際にページ間を移動しやすくする為にテキストでページ間のリンクを張っておこう。ボタンを画像にする場合はalt属性を忘れずに!
またサイトマップを作るとロボットが効率よくサイト内をクロークすることができる。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5695633
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック