2007年09月23日

SEOの歴史

管理人の主観です。

第@世代
ダイアルアップ/ISDNが主流な頃、検索エンジンが広く使われるようになり、ホームページを持ってることが自慢となった時代。
現在の市場規模とはとてもとても比べ物にならないほど小さかったが便利性からどんどんWEBサイトがつくらだした。
その頃、SEOはまったく脚光を浴びていなかった。
その背景としてyahooが主流で当時はロボット型検索ではなくカテゴリー検索方式であった。
つまりyahooのカテゴリーに登録されていればある程度アクセスがあった。

第A世代
キーワードを拾うロボット型検索が発達し台等する。このころのSEOはサイト内対策でいかにキーワードが多く入っているかや重視であったため。まったく関係のないサイトでも様々なキーワードでヒットさせることが可能であった。

第B世代
第A世代をうけてこれでは検索の信憑性がないということでSEOスパム対策ができてくる。関係のないSEO対策や過剰なSEO対策を阻止するべくそのようなサイトを検索から外る。この頃からサイト内SEO対策ではなくいかに質のいいリンクをもらっているかのサイト外SEO対策が重要視されてきました。現在でもその方針は変わるどころか色濃くなってきています。

第C世代
上記のいかに質のいいリンクをもらっているかが重要視されているのに加え本当に有益なページ内容なのかが吟味されているように思う。
またPCからのWEB回覧だけでなく携帯サイトの需要が急速に高まっている。これはハイスピードフォーマなどのパケット通信高速化(パソコンで言うとISDNからADSLへの変化のようなもの)やパケット定額制・画面の拡大などの技術的革新によって引き起こされている。携帯サイトのSEO対策も重要となってきている。
posted by SEOの達人 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | SEOって何?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5563146
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック